2007年12月26日

クリスマスといえば・・・

サンタクロース、いいえ、やはりクリスマスケーキ

今年も、デパ地下やホテルからコンビニまでありとあらゆる場所で

購入することのできる、クリスマスケーキ、ここ数年、これと言った

ケーキにめぐりあわなかった気がするが、今年は・・・24日、25日、といずれもクリスマスパーティーのため、クリスマスケーキを予約、

24日は人数もたくさん居たため、私の用意したケーキと、パーティーを行った家で
用意されたものと2点、25日は、こじんまりと1点、合計3点のクリスマスケーキを
ほんのわずかつまみ食いをした。

 DSC05180.JPG          DSC05193.JPG

まず、左写真の左側が家で用意してくれた、イチゴのタルト、小田急の地下で購入して
きたらしいが、カスタードクリームとイチゴがふんだんに使われていて、高そうな感じ、
とても美味しいケーキであった。

左写真の右側の長細いようなケーキが、私の購入した、曙橋の“ラ・ヴィ・ドゥース”の
ノエルフロマージュ、24日たぶん準備されているだろうショートケーキと同じになっては
いけないと思い、栗のケーキにするつもりで、店に出かけてみたが、ケーキの中身を
示す絵をみいているうちに、フロマージュの方が無難な気がして予約。(電話予約不可)

そして、右の写真が、有楽町に今年オープンした“ペニンシュラブティック”のいちご
ショートケーキ。 こちらは電話で予約。

今年、私が買った2店は、いずれも私の好きなケーキ店(シェフが) しかし、私の口には
6000円する、ペニンシュラブティック”のいちごショートケーキは、ちと合わなかった。。。

シェフが以前居た、新宿パークハイアットのペストリーブティック時代のショートケーキ
とは、クリームもスポンジも違う味がしたのは私の気のせいか、店頭に飾られていた、
12,000円する、クリスマスツリーケーキ(モンブラン風)なら感動できたのか。

それに比べ、“ラ・ヴィ・ドゥース”のノエルフロマージュは、とても素直に美味しいと思える、
クリスマスケーキでした。
posted by 裕二 at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裕二>甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。