2007年12月23日

投資信託(12月経過報告)


サブプライム問題で、最大の損失額をだすことになる、米金融大手シティグループが、

先週、CEOにビクラム・パンディット氏を昇格させ、1カ月以上も空席のポストが決まり、

いよいよ年明けには、損失額を洗い出すことになりそうだ。

はたしてアメリカ経済の収集を図ることができるのだろうか・・・


来年、サブプライム問題の収集にFRB(米連邦準備制度理事会)が、乗り出したとしても

事態は収まらず、95年のプラザ合意の時のような、基準通貨であるドルを、G7での見直し

調整をしなければならないこともあるのでは・・・と、恐ろしいことを、先日受講したセミナーで

あるアナリストの方がお話をされていました。

このまま、見続けていていいのだえろうか、、、と思いつつ。

12/14 さわかみファンドは、 80,000円 が、 72,892円 と前月と比べほぼ横ばい

マネックス証券で購入した投資信託は、、、

 □国内債権   80,991円 (+ 990)
 □外国債券   80,991円 (+ 477)
 □外国株BRICs92,841円(+12,840

と、全体的に先月より値を下げ、7,199円のプラス
 (320,000円→327,199円)

来年のアメリカ経済の状態を見守るしかないのでしょうか。
posted by 裕二 at 10:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 裕二>マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74212216

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。